姫路での保険・保障内容の見直し、保険加入なら保険ワールドへ
0120-381-811電話受付時間:9:00~18:00
お役立ちコラム

AGEを増やす食事!!

2021.2.5

こんにちは

姫路手柄店の永田です

 

 

体内での糖化を引き起こすのは、食事で摂取する糖質です

糖質は甘いものはもちろん、ごはん、パン、パスタなどの

炭水化物にも多く含まれています

体の主要なエネルギー源ではありますが

実際に必要な量はごく少量であとは脂肪となって蓄積

AGEも大量に発生させてしまいます

 

特に、肌の中のコラーゲンが

体内に入ったブドウ糖と結合することで

起こるAGE産生は、20代の後半から始まり

1年間に約3.7%ずつ増えていきます

その程度は食事の糖質量や、

食品中のAGE量などに比例しています

 

~要注意!! 糖質の多い食品~

①パンや白米などの主食

日本人が大好きな炭水化物は最も摂り過ぎに注意したい食品

小麦粉や白米はもちろん、健康によさそうなイメージのある

玄米やそば粉なども糖質は多めなので油断大敵!!

②甘みのある調味料

砂糖をはじめ、みりんなども糖質のかたまり

調理時はできるだけ糖質の使用を控えるのがベスト

体の維持に必要な糖分は食材から自然に摂取できます

どうしても甘みが必要な時は人工甘味料を取り入れて

③根菜類

野菜のなかでも糖質の量はさまざま

いも類やれんこん、にんじんの根菜には糖質が多く含まれています

バランスよく食べる分には問題ありませんが、とりすぎには注意!!

④菓子類

甘いスイーツには糖質がたっぷり

特に気をつけたいのは和菓子類です

一見ヘルシーそうですが、もちとあずきの組み合わせなど

炭水化物×砂糖の組み合わせでとても高糖質!!

 

「糖質をとらないと脳に栄養が行かないのでは?」と

思う方もいるかもしれませんが

現代人ならほかの食品で十分に補えています

特に日本人は糖質の摂取量が多いため

普通に食事をするだけで必要な糖質は得ることができます

 

次回は「糖質まみれの食習慣を変える」についてご紹介します

 

 

姫路で保険相談、保険見直しは

保険クリニック 姫路手柄店へ !(^^)!

カテゴリー
保険
健康
防災
全記事一覧
過去記事アーカイブ
アクセスランキング

高温多湿の季節は水虫に注意

静電気は身体に悪い??

「桜・桃・梅」の違いがわかりますか??

カップ麺にはゆで卵を!!

ラムとマトンで脂肪を燃やす!!

PAGE TOP