姫路での保険・保障内容の見直し、保険加入なら保険ワールドへ
0120-381-811電話受付時間:9:00~18:00
お役立ちコラム

節分

2019.2.3
こんにちはスマイル

保険ワールドの代谷です。

今日は2月3日 節分ですね。音楽

節分について みなさん 知っている事ありますか?

私は 豆まきと恵方巻きを食べるぐらいしか 浮かびません。キョロキョロ

なので、少し調べてみました。天才

節分の由来とは?

今では2月3日に定着している節分ですが、本来は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを

「節分」と呼んでいました。節分は、名前の通り「季節を分ける」ということを意味している言葉で

す。立春・立夏・立秋・立冬は季節の始まりの日であるため、それぞれの前日は季節の変わり目にあた

り、それが節分だったのです。

現代では2月3日だけが節分になっていますが、これは4つの季節の中で「立春」が最も重視されていた

ためです。春の訪れである立春は1年の始まりでもあり、とくに待ち望まれていました。徐々にこの考

えが強まり、立春の前日だけを節分と呼ぶことになったのが現代の節分の由来だといわれています。

4976-2
節分に豆をまく由来とは?

今では12月31日が大晦日、1月1日が元旦で新年の始まりとなる日ですが、その昔では立春が新年の始

まりでした。そのため、立春の前日である節分が大晦日だったのです。

1年を締めくくる節分は、その年の中でもとくに重要な日です。来たる新年に向け、厄や災難をお祓い

する行事が行われており、これが豆まきの由来になったといわれています。

節分の豆まきに大豆を使う理由は?

もともと日本では、穀物などに邪気を払う力があると考えられていました。

とくに大豆は米や麦と同じくらい重要な穀物として扱われており、魔除けや生命力に関する霊力が込め

られていると考えられていたのです。

このことから、お祓いなどの行事などでは大豆がよく使用されていたという説があります。

また、暴れている鬼の目に炒った豆を投げつけて鬼退治ができたという説や、魔物(鬼)の目の文字を取って「魔目(まめ)」になるという説もあります。

 

 

子供の頃、家族の行事として毎年豆まきを行っていたことを思い出します。

今日は 実家の母が巻いてくれた恵方巻きをいただく前に、主人と豆まきしてみようかと

思います。

 

setubun9-530x434setubun6-530x390

 

姫路で保険相談、保険見直しは保険ワールドへ

カテゴリー
保険
健康
防災
全記事一覧
過去記事アーカイブ
アクセスランキング

高温多湿の季節は水虫に注意

ザリガニについて

『乳腺症』と『乳がん』の違いとは?

静電気は身体に悪い??

ストレスを制して食欲をコントロール

PAGE TOP