姫路での保険・保障内容の見直し、保険加入なら保険ワールドへ
0120-381-811電話受付時間:9:00~18:00
お役立ちコラム

2022.10.8

宍粟山崎店のウチヤマです。

2022年は10月8日(旧暦9月13日)【十三夜】

今年のお月見はいつ? 2022年の十五夜・十三夜・十日夜の日付

秋はお月見の時期ですが、月見の日付は毎年変動します。今年、2022年はいつお月見をすればいいのでしょう? 伝統的な「十五夜」(中秋の名月)、「十三夜」、「十日夜(とおかんや)」の日付とともに、由来や楽しみ方を紹介します。

今回は「十三夜」について

「十三夜」とは、旧暦9月13日のお月見のことで、旧暦8月15日の十五夜のあとに巡ってくる十三夜をさしています。2022年の十三夜は、10月8日(土)です。

十三夜は十五夜に次いで美しい月だといわれており、昔からとても大事にしてきました。どちらか一方しか月見をしないことを「片見月」「片月見」といい、縁起が悪いとされています。

また、「十五夜」のお月見が中国伝来なのに対し、「十三夜」は日本でうまれた風習だといわれています。栗や豆の収穫祝いでもあるため、「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。お月見をする際は、月見だんご(13個または3個)、すすき、栗や豆などの収穫物を供えて楽しみましょう

 

                 

 

2022年の十五夜は9月10日(土)、お団子の数は??

  • 十五夜⇒15個
    十五夜だから15個(十三夜には13個)。15個の並べ方は、下から9個、4個、2個となります。
  • 十五夜⇒省略して5個
    十五夜の五から5個(十三夜には3個)。5個の並べ方は、下に4個、上に1個となります。
  • 満月の数⇒12個
    その年に出た満月の数を供えるので平年は12個、閏年は13個となります。

宍粟で保険の相談、見直しなら

保険クリニック宍粟山崎店へ

●気になる介護補償や自然災害等の見直しをしておりますのでお気軽に

ご連絡おまちしております!!  

カテゴリー
保険
健康
防災
全記事一覧
過去記事アーカイブ
アクセスランキング

静電気は身体に悪い??

高温多湿の季節は水虫に注意

レバニラ炒めでアンチエイジング!!

『乳腺症』と『乳がん』の違いとは?

くらしの中の思わぬ危険 ~やけどの恐怖~

PAGE TOP