姫路での保険・保障内容の見直し、保険加入なら保険ワールドへ
0120-381-811電話受付時間:9:00~18:00
お役立ちコラム

七五三

2021.11.19

宍粟山崎店のウチヤマです。

七五三

お子さまの「3才」「5才」「7才」が近づいてくると、そろそろ気になるのが七五三の準備ですね。特に3才のお子さまの場合は、初めての七五三ご家族にとってもビッグイベントです

 

七五三は何をするの?~七・五・三の意味~

昔も今も、七五三は「子供の成長を願ってお祈りする」儀式に変わりはありません。

★「三」は男の子と女の子

昔は小さな子供は、男の子も女の子も髪の毛を剃っていました。しかし3才を迎える頃になると、「髪置き(かみおき)」と呼ばれる、髪を伸ばし始める儀式が行われます。これは、もう赤ちゃんではないという意味が込められています。

★「五」は男の子

七五三の「五」は、5才を迎える男の子のお祝いを意味します。5才は「袴着(はかまぎ)の儀」と言い、初めて袴を着る儀式としてお祝いされていました。袴といえば男の子。子供から少年に成長する年齢でもある5才を、家族みんなでこれからの健康を願ってお祝いします。

★「七」は女の子

七五三の「七」は、7才を迎える女の子をお祝いします。7才は「帯解(おびとき)」と呼ばれ、、女の子が初めて大人と同じ帯をつけて着物を着用できる年齢になったこと、子供から少女になった日を家族みんなでお祝いする儀式として祝われてきました。

※七五三は数え年と満どちらでお祝いするの

○数え年
「数え年」は、生まれた日を「1才」と数えます。そして正月(1月1日)が来るたびに年を取ります。

○満年齢
現在日本で一般的に使われる年齢の数え方が「満年齢」です。生まれた日を「0才」と数え、次の生まれた日(誕生日)が来ると「1才」年を取るという数え方です。

特に3才のお祝いの場合、数え年で数えてしまうと、まだ小さすぎるため、実際にには満年齢の3才に達してからお祝いすることが主流のようです。

兄弟姉妹がいる場合は、まとめて一緒にしてしまうのも良いでしょう。また、下のお子さんを妊娠中で、お母さまが移動が辛いと言う場合もあるかもしれません。必ずこの年に!と言う決まりはないので、ご家族のベストな時期を見つけてお祝いをするのがおすすめです。

祈祷は必ずするもの?

祈祷は必ずしなければならないと言うものではありません。神社で七五三の祈祷は受けず、参拝だけする家庭も多いものです。必ず拝殿に上がり祈祷を受けなければならないと言う決まりも無いのでご安心を。

祈祷料はいくら? どのように包む?

祈祷料を受けるさいの「熨斗袋(のしぶくろ)」の表書きには「初穂料」「玉串料」「祈祷料」と書くのが良いでしょう。どれも七五三の参拝の際に使えるものなので、覚えておくと便利です。

祈祷をお願いする場合の初穂料(玉串料)の相場は¥5,000〜¥10,000と言われており神社によっては、料金表が用意されているところもあります。

のし袋の選び方と書き方

七五三の際に使用するのし袋には、紅白の蝶結びの水引がついているものを選び、結びきりの物は避けましょう

お子様、お孫様の成長を願ってお参りしてはいかがでしょう。

宍粟で保険の相談、見直しなら

  保険クリニック宍粟山崎店へ

●気になる介護補償自然災害等の見直しをしておりますのでお気軽に

ご連絡おまちしております!!  

カテゴリー
保険
健康
防災
全記事一覧
過去記事アーカイブ
アクセスランキング

静電気は身体に悪い??

『乳腺症』と『乳がん』の違いとは?

高温多湿の季節は水虫に注意

尿酸、尿酸値ってなにかご存知ですか?

くらしの中の思わぬ危険 ~やけどの恐怖~

PAGE TOP