姫路での保険・保障内容の見直し、保険加入なら保険ワールドへ
0120-381-811電話受付時間:9:00~18:00
スタッフブログ

風邪のひきはじめには…

2020.1.31

こんにちは(^^)/姫路ヤマダストアー花田店の藤田です。

 

インフルエンザが蔓延していますね((+_+))
子供の保育園でも先日までクラスのほとんどの子がお休みで
5人しか登園していませんでした…
インフルエンザがうつらなかったのは幸いでしたが、咳は出ていたため
何か私にも風邪がうつったような…(._.)

風邪のひきはじめにできる予防策を調べてみました!(^^)!

 

 

十分な睡眠をとる

安静にしてあたたかくし、ゆっくりと休養することが大切です。
風邪のひきはじめは、免疫力が下がった状態であることが多いもの。
まずは十分な睡眠時間を確保することが最優先です。

水分補給

風邪に限りませんが、発熱した状態にあると、水分がどんどん体内から失われて脱水状態になりやすくなります。
脱水も免疫力低下を招き、風邪を長引かせますので、意識的に水分を補給するように心がけましょう。
その場合は、室温の水、冷やしすぎないスポーツドリンクや経口保水液をチョイスしましょう。

手洗い、うがい、鼻うがい

ウィルスの二次感染による風邪の重症化を防ぐためにも、風邪をひいてしまった後も
手洗い・うがいを丁寧に行うことは大切です。殺菌作用のあるハンドソープやうがい薬を使うとさらに良いでしょう。
鼻の粘膜からのウィルスの侵入を防ぐための鼻うがいも有効です。

必要な栄養を摂る

細菌やウィルスと闘うために免疫力や抵抗力を高めることが大切です。

免疫力をサポートするタンパク質や鉄、亜鉛、銅などのミネラル、ビタミンA・C・Eを摂るようにすると良いでしょう。
鼻の粘膜にはウィルスの侵入を防ぐ役目がありますが、ビタミンAはその粘膜を作る元になります。
ビタミンCは、皮膚や血管をビタミンEは酸化を防ぎ血管を保護するなどそれぞれの働きがあります。
これらをうまく組み合わせて摂るようにします。ただし、ビタミンAの摂りすぎには注意してください。

体を温める

風邪のひきはじめには、特に注意して体を温めてください。
身体が冷えた状態にあると、栄養素の分解・解毒などの働きがあり、身体の生命維持に大切な役割を果たす
「酵素」の働きが弱くなってしまいます。また、血流も悪くなります。
その結果、体内に老廃物がたまりやすくなるため自然治癒力が弱まってしまい、風邪を長引かせる原因になります。

 

日ごろから風邪を寄せ付けない習慣を身に着けて、風邪を悪化させないようにしていきましょう。

 

保険のご相談は保険クリニック 姫路ヤマダストアー花田店へ(^^)/

PAGE TOP